スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002/9/12(Thu.) RXの敬老 SHIBUYA-AX

 わたしにとっては5月以来のSHIBUYA-AX、会場入りした時には既にオープニングアクトのAsia SunRiseの演奏が始まっていました。
 おや、今日はパーカッションが一人多い、4人編成になってる。
 なんだか渋谷のお客さんは大人しく聴いてるなぁー、と思いつつ、荷物を椅子の下にしまいこむ。

 最後には温かい拍手を浴びながら、3日間のRX Opening Actのお務めを終えた彼等、都内ではライブの予定が何本かあるようですが、頑張れ!



 さて、わたしもやっと落ち着いたあたりで、お馴染みになりつつあるRX登場のSEが流れました。
 わたしの席は3列目立ったんですが、この段階では立つ人、いません。
 RXが登場し、Liveの開始!

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2002/9/6(Fri.) RXの敬老 ON AIR OSAKA

 この日も名古屋同様、ASIA SunRiseのopening actからスタート。
 昨日は「緊張してます~!」という感じが溢れていたけれど、名古屋で温かい反応を得て、この日はすこし和んでいたかな。やっぱり"Happy"という曲が好きだなぁ。

-Opening Act-
 ASIA SunRise
: Taiki(vo), 工藤緑矢(b), 深瀬健太郎(perc)
   1. 自由地区
   2. 羽
   3. Jeep
   4. Happy



 そして、お待ちかねのRX。
 SEが流れると、名古屋同様「おっしゃ!」とばかり立ち上がる人…は割と少数派でした(いたけど)。
石川「いえーい。」
  !HAヨY
 客も「イエーイ!」と応え、湯澤さんのバスドラ攻撃が身体を浮かせる"!HAEY"からスタート。
 名古屋では「こりゃホールのロックコンサート?」という勢いで開演SEから客席総立ちだったのですが、大阪では曲が始まると、座って聴いていたい人は座ったままで、踊りたい人が立って踊ってと、思い思いの楽しみかたを見せます。
 わたしは名古屋よりは前の方の席だったので「ちょっと周りに悪いかも、座って聴こうかな?」と…思ったのは一瞬でした。やはりいきなり"!HAEY"では、踊らずにはいられない。曲が始まったら、一言断って立っちまいました。
 1曲目から、ステージ上では勝田さんと石川さんがそれぞれソロで弾けます。気持ちよし!

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2002/9/5(Thu.) RXの敬老 NAGOYA Club Diamond Hall

 RXの敬老は、"ASIA SunRise"というユニット(?)によるオープニングアクトがありました。
 開演時刻10分前に表れた"ASIA SunRise"は、アコースティックギター&vo、パーカッション、エレキベースの3名という、ちょっと変わった編成のユニットで、シンプルでありながら情感豊かに歌うボーカルはなかなか好印象。
 この時点で、仕事を無理矢理抜けて名古屋までやってきたわたしはどろっと疲れていたので(汗)、素朴な心地よい音に癒される。本命のRXの前に、心のドアをノックしてもらったような気持ち。
 披露された4曲のうち、最後の"Happy"という曲が歌詞も面白くてかなり気に入りました。気に入りついでにCD買ったけど、その曲入ってなくて残念。
 彼等はどういうつながりでRXのオープニングを務めたのでしょうか、そして今後どういう展開(デビュー予定とかあるのかな?)を見せるんでしょうか。ちょっと気になる存在です。

-Opening Act-
 ASIA SunRise
: Taiki(vo), 工藤緑矢(b), 深瀬健太郎(perc)
   1. 自由地区
   2. 羽
   3. Jeep
   4. Happy



 ASIA SunRiseのアクトの後ほどなく、昨年のツアーと同じSEが流れ、RXがステージに現れると、当然の如くがたがたと立ち上がる客席。曲が始まる前から既に総立ちになりました。

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2002/2/2(Sat.) RXの新春 Shinjuku LIQUID ROOM

 「東京でのRXライブといえばLiquid Room」になりつつある感もあるこの頃。
 このハコは例によって、客が7階の会場入口前から階段にぎゅうぎゅうになりつつ並ぶのですが、今日は2月ということで、夏に比べればずっと楽。にしてもやっぱり、この狭い踊り場と踊り場の間に100人並べってのは無理でしょ!?という状態ではある…。折しも場所は歌舞伎町、「今このビルで火災があったら…」なんて冗談で済ませてほしい会話をしているお客さんもいました。
 チケットはAとBに分かれていて、AがFC優先、Bは一般発売なのかな?それぞれ400数十番台、200数十番台まではあったようなので、700枚くらいはチケットが出た計算になりますか。開演前の会場内は、フロアにいい感じにお客が入って(音楽に乗ってふらふらしても大丈夫なくらい)、適正規模という印象を受けました。
 わたしはこの日、とにかく「聴きたかった」ので、フロアの一番後ろでゆっくりすることにしました。本当は高台のカウンターを狙っていたのですが、この日は全部「関係者以外立ち入り禁止」で果たせず。
 フロアの後ろの方から客席全体を眺めて、フロアの中ほど以後に男性客が多いなぁ~という印象を受けました(まだ客全体では男女比5:5には至らず、女性客の数が勝ってそうですが)。健全な感じ。いいことだ!なんとなく嬉しい。でも男性が多いとステージはあんまし見えない…。
 開場時にはずっとface to aceのアルバム『FACE TO FACE』がかかっていました。
 ほぼ開場も開演も定刻通りでしたか、ふっとface to aceがフェードアウト・会場内の仄かな客電も落ちて、開演SE…で流れて来たのは、なぜか暴れん坊将軍。
 ♪ちゃ~ら~ちゃら~らら~、ちゃ~ら~ら~らら~♪
 ♪ちゃ~ら~ちゃら~らら~、ちゃ~らららら~ら(ジーク・ジオン!)
 !!? なぜに「ジーク・ジオン!」!
 SEの最後には「ジーク・ジオン!ジーク・ジオン!ジーク・ジオン!…」
 誰がMIXしたんだコレ~???そもそも誰の選曲なんだ(笑)。SEは結構長くかかっていて、かつ「ジーク・ジオン!」の押しが強かったので、客席は爆笑。
 さっきまで流れていたのはface to aceで、そしてSEが暴れん坊将軍機動戦士ガンダムMIXで、これから何が始まるのか全っ然分かりません。ステージ上には「RX」のロゴのスクリーンがかかっているので、辛うじてRXのライブらしい(笑)。

 そこへ涼しい顔したメンバーが登場。衣装は相変わらずTシャツでラフな感じ。
 サポートはすっかりお馴染みの福原さんと勝田さん。今日の勝田さんは帽子がないです。
 会場内を覆うように、静かに広がる音の中から、湯澤さんのドラムがリズムを刻み始める。

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

2001/10/13(Sat.) RX SPECIAL OKINAWA TOUR

 FC会員限定「RX SPECIAL OKINAWA TOUR」2日目、RX Live。
 ツアー参加者の宿泊地は那覇(パシフィックホテル)ですが、ライブ会場は宜野湾市。ホテルから送迎バスが出て、車中でRXライブビデオを上映すると聞いたので、「見せてくれるもんは見る」とばかり、前日に乗車申込しました。

 当日、参加者はバス2台に分乗。宜野湾のライブハウスまで通常は30分余りとのこと。
 上映されたビデオは、2001年2月のSHIBUYA-AXのライブの模様(15分ほど)。John Wetton御大の登場シーンから始まって曲が始まる…バスのスピーカーのせいか、音が非常~に悪い。バランスも悪い。
 曲目はRX with John Wetton状態で"ARCADIA"と"Heat of the Moment"の2曲でしたが、映像、これは…RXのライブビデオ?という状態。映っているのは主にJohn Wetton氏で、たまにギターの岩見さんの手許が映るくらい(もう少し引いてくれないと誰だかわかんないよ…)。'Heat of the Moment'で勝田さんのソロが少し。RX本来のメンバーはほんのワンショットずつ。…これってちょっと問題あるんじゃないか?もう少しまんべんなく映していただきたかった。
 ビデオは早々に終わってしまい、その後は砂の嵐状態のまま(止めてくれ(汗))バスが進む。
 夕刻ということもあってか、道が混んでいてなかなか着かないので、車中はまったりモード。
 結局ホテルを出てからほぼ一時間後にやっと会場のライブハウス、ヒューマンステージに到着。沖縄出身の方から事前に「ちっちゃくて、分かりにくい場所にある」と聞いていたけれど、確かにちょっと見過ごしそうな外観です。
 既に開場時刻の18:00を過ぎているので、そのまま階段に並んで入場待ち。会場は、建物の3階くらいになるのかな。

 会場入口ではグッズを売ってました。Ace Tシャツ、RX Tシャツと、なぜか98年のライデンTシャツがありました。グッズの中でも重くないTシャツだけ持ってきたのだろうか。
 それから、昨日のパーティーで大槻さんが吹いてた「100円ショップで買ってきたスケルトンリコーダー」が限定品と銘打って「時価」で売られてた(希望したお客さんに差し上げたとのことです)。

 FC会員の列の後に、一般売りチケットの人々が入場。現地の男の子と思しき人が多かった。客は全部で120~130人くらい入ったでしょうか。
 会場内は比較的余裕がありました。客席の広さは心斎橋BIG CATの奥行きを半分強にしたくらい。わたしの番号はどちらかというと遅かったので、後ろの方でふーたらふーたら踊って楽しむことに決める。ステージもそれなりに見えるし(湯澤さんはほとんど石川さんの陰に入ってしまいましたが)。
 ふと見上げれば2階席もあって、こちらはテーブル席でゆったりできそう。ただしこの日は立ち入り禁止でした。開いてれば行きたい人は多かっただろうなあ(1階が更に空いちゃうけど)。
 わたしは客席後部のカウンターでカンパリオレンジをオーダー。\500とお手頃価格な上にでかいカップで出てきた。酒弱いくせに、開演までに一気に空けてしまう。

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。