スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003/4/14(Mon.) RXの休息 Nagoya E.L.L.

 2年ぶりの名古屋E.L.L.のRXライブ。月曜日なので集客が気になっていたのですが、まったく杞憂だったようです。福岡、大阪は会場内に椅子があったけれど、名古屋は今回初のオールスタンディングでした。
 わたしは割と整理番号がよかったので、会場ではぎりぎり上手側の最前列に陣取ることができました。しかし石川さんの立ち位置の真ん前に平常心で陣取ることができるようになったんだなぁと後から気づく(笑)。以前は聖飢魔II信者の人達が殺到しているのに恐れをなして、上手には近寄らなかったな…などと一瞬遠い目になる。
 会場内は始まる前から少々熱を帯びていました。まだステージでは何も起こってないのに盛り上がっているもよう(笑)。
 いざ開演時刻になり客電が落ちると、メンバーが登場する前から拍手と口笛、歓声が。熱いな名古屋
 開演前SEはそのままにメンバーが登場。客席は早くもヒートアップしていますが、SEのJazzをバックに暗いステージ上で黙々と楽譜チェックほか、演奏の準備をするメンバー。そしてSEに重なるように、福ちゃんのギターが微かな音で入ってきます。
 折り重なる石川さんのベースでしばし、大人な雰囲気を醸し出しつつ、タイトに、都会的な湯澤さんのタイコと勝田さんのsaxが曲を紡いでいきます。
  Film Noir

 しかし客の熱を浴びてか、福ちゃんのギターソロはアダルトに始まりながらも「ぼぼぼぼぼ」と燃えていく。石川さんもステージの前面まで出てきて、積極的な演奏を披露しています。高度なソロを聴かせていただいて、目の前でいきなり当てられる。
 曲の最後、石川さんのベースと福ちゃんのギターだけの編成に戻って音が消えていく中、松崎さんのキーボードが低い音で広がっていく。そこでスタートを切るドラム、思えば次の"CHEMICAL REACTION"と先ほどの"Film Noir"は始まり方が対照的ですね。
  CHEMICAL REACTION

 いきなりめまぐるしいソロ展開を見せるこの曲、松崎さんのソロが熱いなぁと思いきや、それをうけるsax、guitarソロも火を吹いている!2曲目にして凄いテンションだ。

石川「こんばんは、RXです!」
 客席、歓声やらなんやら。拍手はしばらく止まないです。
石川「2曲立て続けに聴いてもらいました。最初が"Film Noir"で、その次が"CHEMICAL REACTION"。
 いやーしかし盛り上がってますねーー!!
 お客さんのお陰で、いきなり余計なことまで弾いてしまいましたが。」
 「余計なこと」って。いやいや、客席は大拍手です。
石川「今日はお客さんが近くていいですね。お客さん近いと嬉しいんですよ。
 このくらいの大きさのライブハウスが、RXはちょうどいいのかもしれませんね。
 それではここでブレンダさんに1曲歌ってもらいたいと思います。」

 ちょっと間を置いて、
石川「ブレンダ・ボーン。」
 ブレンダさんが登場、客席はとってもWelcome!な雰囲気。その歓迎っぷりに、
B「Oh, Nagoya~!!!スゴイネー!!!
 ミナサンハクシュヲオネガイシマス、RX!」
 今日は手拍子しても大丈夫、指をならしても大丈夫、足を踏み鳴らしても大丈夫、ダンスも大丈夫…と「ダイジョブ」を繰り返したところで、自分に"yen"を投げるのもダイジョブ、とおっしゃる…おひねり要求か!
 次の曲はリラックスして聴いてね、と言って、演奏陣に目を配ります。松崎さんのピアノから、ブレンダさんには気持ちよさそうに歌っていただきました。
  NEVER SAY NEVER

石川「ブレンダ・ボーン。」
 歌い終わったブレンダさんがステージを去ると、湯澤さんが「行っていい?」という笑みを向け、メンバー同士でアイコンタクトをとった後、バスドラでリズムを取る。バスドラだけなのに、曲を進めるに十二分なエンジン。
石川「イエーイ。」
  !HAヨY
 今回のツアー、松崎さんのパフォーマンス能力がまた向上した!とわたしは刮目しているのですが、この曲では常よりさらに技が繰り出されていたように思いました。音が前へとPushされてくる感じ。
 勝田さんのソロも、福ちゃんのソロも、ベースソロも燃える燃える。そしてそれに触発されていくドラムも。なんだ全部凄いじゃないか!
 とにかく気ん持ちいい~!!という状態で、勿体無くて一瞬たりとも音を聴き逃したくない。
 曲が終わると間髪いれずにドラムソロへ。
石川「On drums、雷電湯澤!」
 と石川さんが紹介すると、小走りでメンバーは舞台袖へ消え、あとは湯澤さんのオンステージが繰り広げられるわけですが、今日はいつにも増して漢らしい叩きっぷり!
 ソロの構成はだいたい3部構成ですが、第1ラウンドから既に大変な気合でスティック天に突き上げる。
 第2ラウンドのあとはお約束でお客さんの声を聞きますが、2回「もうちょっと!」と煽り、それに乗せられ応える客席にご満悦なのか、生声で「うおりゃ!」と咆えてから第3ラウンドへ突入。
 湯澤さんも客席も相乗効果でヒートアップしていく中、第3ラウンドのブルース・リー・(サンプリング)ドラムソロでは、サンプリング音がついてこない程のスピードです(笑)。すげーー!

石川「凄いドラムミングを聴かせてくれた、雷電湯澤――!!
 いやぁ凄いね、今日はボンゾがのり移ったかと思った。」
 スタッフからタオルを受け取ってステージ前面に出てこようとする湯澤さん。凄い汗。 進みかかってからはたとマイクを取りに一旦戻って、喋りながら前へ出ていらっしゃいました。
湯澤「いや~今日のお客さん凄いっすねぇ!
 すっかりお客さんに乗せられてしまいました。
 サルですから。赤いパンツ履いたサル。」
 本日の湯澤さんのお召し物は赤い短パンです。(上半身は裸族、靴下はアディダス、カンフーシューズという出で立ちはいつものとおり。)
湯澤「うき?」
 「サル」と自身で言いながらながら、サルになっちゃう湯澤さん。
湯澤「うき?」
石川「あぁ、かわいいかわいい。」
 客席からも「かわいいー!」という声。
湯澤「かわいいだとぅ?」
 客席、「かっこいい!」と訂正。でもその声は届いていたかどうか。
湯澤「それにしても、この季節、眠い!
 春眠暁を覚えず、ですか、いくらでも寝てられますからね。
 俺、電車とか、乗り物に乗ると絶対寝る!という習性があるんですが、最近飛行機でリクライニングしなくても眠れるようになっちゃったからね。
 この業界って、いかに移動の時間に睡眠を取るかが勝負じゃない?
 リクライニングしてると、着陸前に(座席を元に戻せと)起こされちゃうじゃん。
 座った瞬間に「ぐがっ。」と寝ちゃうと、あとは着陸のドンっという衝撃まで目が覚めない。」
石川「時間を有効に活用しているわけだね。」
湯澤「今日なんてさ、福岡着陸しても目が覚めなくてさ。『お客様』って起こされたら周り誰もいなくて、ウチの連中向こうの方でクスクス笑ってんの。ひどいよな。
 じゃ、そういうことで!」

石川「雷電湯澤―。
 というわけでメンバー紹介のコーナーなんですが。
 On sax、勝田一樹!」
 ステージへ出てくる勝田さん、今日も笑顔。客席からの「カツヲー!」という声援に
石川「人気者。」
勝田「本日のお題、春眠暁を覚えず、ということで。
 夕べやっぱり飲みすぎて、集合までの時間にいかに寝るかというところで、今日も危うく集合に遅れそうになるほど寝てしまいましたが。
 集合のとき、皆さん新幹線の中で食べる弁当を持っていて、でも時間がないから買ってられねぇやと思ったら、新幹線が車両点検かなにかで遅れて、ホームで凄く待たされたんですよね。
 なんだよ、だったら弁当買えるじゃん!
 で、売店に弁当買いに行ったんですよ、鰻弁当。そしたら2種類あって。鰻蒸篭と鰻弁当。
 売店のおばちゃんに『どっちが鰻デカイっすかー?』と聞いたら、勧めるのは高いほうなんですね。教育されているんですねぇ。
 勧められたほうを買って、『カツヲちゃん、オープーーン。』
 …『小せぇ~~!!!』こんなの1枚!(と、両手で4×5cmくらいの四角を作る。)
 発車までの数分間に食っちゃいました。」
石川「席に着くなり開けて食い始めてましたからね。」
勝田「石川さんと席がお隣だったんですけど、お見送りのファンの方々がホームにいらしたわけですよ。
 窓の向こうから食ってる様を凝視されてしまいました。」
石川「その後も、俺がお菓子の袋持ってるの見つけて、『石川さん、ソレ見せてもらってもいいっすかー?』といいながら手にとって、もう開けて食ってましたからね。」
勝田「今日、実は既に3食食ってるんですよ。
 名古屋でここに着いたら、楽屋に弁当が置いてあって。
 さっき弁当食べたばっかりだしなぁ、と思いながら手に取ったら、温かいんですよ!
 開けてみたら、カツもシューマイもまだ温かい!
 『オッケーーー。』と思っていっちゃいました。
 それで先ほど、ドラムソロの間に楽屋に戻ったら、天むすが!
 大っ好物なんスよ!!(力説)黄色い包みとオレンジの包みの天むす。有名ですよね。」
 客席、反応薄し。
勝田「あれ、黄色い包み、有名じゃない。
 知らないですよねーー。」
石川「すぐに言うこと変わりますからね。」
勝田「このあとまだステージあるけど、1コならいいかな、…2個くらい。
 ……3個4個といっちゃいましたー!
 という訳で、今日はばっちりです!がんばりまーす。」
 と引っ込んでいくカツヲちゃん…

石川「いやー喋りも絶好調ですね。
 それでは、On guitar、福原将宜―!」
 福ちゃん、勝田さんの話題をひきずる。
福原「弁当の食べ方が汚いんですよね。米粒とか残っちゃって、食い散らかし方が小学生か!っていう。」
 袖に引っ込んだ勝田さんから視線が飛んだらしく、袖に向かって
福原「あれ、大丈夫ですか?大丈夫ですよ?」
 とフォロー(?)しつつ話題を変える福原さん。
福原「どうも、お久しぶりです。
 春眠暁を覚えず、ですか。
 さっきもリハが終わってから、本番前に楽屋で寝てしまって。
 あぁ、あと20分で本番だなぁ、着替えなきゃ、と思いながら寝たという。
 楽屋にソファがあるんですよ。
 あぁ、ソファが気持ちよさそうだなぁ、って座ったら、もう。(次の瞬間)寝ちゃったんですけど。
 いいですよね、ソファ。」
石川「いいですね。
 寝るのはいい!
 寝て、食べて、楽器弾いてれば、それでいいですね。
 人間としてはかなりどうしようもないですけど。」
福原「昨日は大阪だったわけですが、案の定というか例によって飲みまして。」
石川「飲みましたねぇ。」
福原「でも2連荘っていいですよね。好きなんですよ。」
石川「そうですね!いい感じですね。
 ライブの後って、早めにホテル帰っても寝ないんですよね。
 『明日もあるし』と思いながら部屋に帰っても、『あぁ、あと3時間で起きなきゃ』っていう時間まで寝られない。」
 それはきっと頭のどこかが興奮したままなんですよ…
福原「それで、移動やリハの後とかに隙あらば寝てるんですけど。
 電車に乗ってて、あぁ、次の駅だなぁと思った瞬間寝るんですよね。」
石川「今日の移動のとき、『まもなく、名古屋です』っていうアナウンスを聞きながら寝始めましたよ。
 あと数分、というところで、ギリギリにならないと眠くならない。」
福原「あれはなんなんでしょうね。」
石川「リハっていうのは、前の晩の酒を抜くためにやるんですよね。」
福原「いい感じに温かくなって、汗かいたところで本番に臨むと。」
石川「メンバー紹介のコーナーでしたね。
 On guitar、福原将宜!」

石川「On keyboard、松崎雄一!」
松崎「どうも皆さんこんばんは!
 今日は熱いですね!
 今年は結構冬寒かったじゃないですか。わたしは寒さに弱くて、指が動かなくなるので、今回のツアーではどうかなぁと思っていたのですが、なんとか結構…弾かせていただいてます。
石川「松っつあんは身体が硬いからね。」
松崎「身体が硬いんですよ。
 小学校の前屈のときなんか毎回絶対マイナスで、プラスになるのが夢なんですけど。」
石川「じゃぁ今ここ(舞台際)で試してみては!」
松崎「いやぁ、そのまま落っこちて指とか腕を折ってしまっては、ミュージシャンとしてステージに差支えますから。
 しかし、ミュージシャンというのは指のケアが大事じゃないですか。
 そうじゃないですか石川さん?」
石川「そうですね、ベースこうやって(ばりばりに)弾いてると指の先を切っちゃったりとか。
 あとマメですね。俺の弾き方が変なのか、マメができる。
 最近できなくなりましたけどね。」
松崎「わたしはいつも、指のケアのための3点セットというのを持ち歩いてるんですけど、ネイルコートとか。
 で、今回の遠征にあたって忘れちゃいけないぞと思っていたんですが、持ってくるのを忘れまして。」
 ぎゃふんな客席。
松崎「やっぱり爪が割れてしまったんですね。」
 えぇっ。という雰囲気の客席。
松崎「それで、なにかでネイルコートの代わりにならないかなー?と思って探したところ、まず、出てきたのが目薬。」
 「それは…!」という戸惑い笑いの客席。
松崎「さすがにこれは、というので、次に出てきたのがホワイト。これなら、と思って塗ってみました。
 なんでも使えるものだなと。」
 えぇっ、とさらに驚く客席に手を見せる松崎さん、確かに右手の爪に白いものが。
 指は大事にしてください~。
石川「松崎雄一!
 こんな、笑いながらですけど、次はちょっとしっとりした曲を。」

  ALBATROSS
 福ちゃん、ソロ弾きまくり。
 数年前、この曲を最初に福ちゃんが弾いたとき、ちょっと音が明るすぎるかな?と思ったのですが、RXのステージを重ねるに連れ、とてもドラマティックなギターになりました。
 曲のラストでは、石川さんが福ちゃんのところに歩み寄ってユニゾン、迫力の演奏でした。

石川「ここでまたブレンダさんを呼びたいと思います。」
 再びブレンダさんが登場、客席を煽って、やっぱり名古屋は凄い!とご満悦。
B「Nagoya イチバン、Not Osaka, Nagoyaスゴーイ!
 ミナサンハクシュヲオネガイシマス、RX!」

 ここで、例によって
B「How many people have RX New CD? Let me see.」
 手を挙げた人のチェック入るブレンダさん、でも今回はちょっと優しい。
B「ダイジョブ、アトデ、Go Out!!」
 1つ前のCD、アルバムのタイトルなんだっけ?と言いながら、その次の曲を紹介。
  ARCADIA

 壮大な世界観のARCADIAを終えると、ブレンダさんは現地ボーイフレンド(笑)を探すのですが、この日の展開はちょっと違ってました。
 最前列にいた小さい男の子(5,6歳くらいかな)に、前から目を付けていたらしいブレンダさん、
B「You! Very very Cu-te!!」
 と言っておいでおいでと招き、舞台に上げてしまいました。
 おおー!という客席の歓声(手を挙げて)と拍手を見て、自分も見よう見まねで拍手や拳を上げてみる男の子。なかなかやるな彼(笑)。
B「What your name?」
 お母さんに「名前は?って」と訳されて、名前を答える男の子。
 でもブレンダさんにはやっぱり日本人の名前の聞き取りが難しかった模様で、
B「エイゴワカラナイ?
 ダイジョブ、ワタシモニホンゴワカラナイ。
 ミナサン、My Nagoya boy friend!」
 そして、自分にもBabyがいること、もう皆20歳を過ぎて大学まで行った、自分は本当に幸せな母親だわ、とおっしゃる。
 そんなに大きなお子さんが!?という事実にちょっと吃驚の「えぇー」をひっそり発する客席。
  Close to Me
 ブレンダさんの名古屋のボーイフレンドは、ドラムのリズムに合わせて反応したり、客席から沸き起こる手拍子を見て、自分も手拍子をしたり、いい反応です。
 ブレンダさんも優しい眼差しを向けながら、しっとりと曲を歌い上げます。ギターソロでは「Guitar」と、寄り添って一緒に福ちゃんを眺めたり。
 曲の終わりにはハグして、アリガトウ!と送り出しました。
 福ちゃんはピックを1枚プレゼント。

 会場中はほんわかした雰囲気に包まれましたが、次は勢いのある曲で元気良く!
B「RAIDEN、Higher。No, "Riding Higher"」
  Riding Higher

 曲に入る前にブレンダさんの「Hey,Hey,Hey,Hey」の指南もあり、会場中、客席とステージとが一体になって盛り上がる。

 ブレンダさんが去っていった後は、勝田さんが再登場してインスト陣のみになりました。

石川「次の曲はRXの中でも横綱級に難しい曲で。みんな指慣らししてますけど、僕はライトを浴びているので指慣らしもできない。
 大丈夫かな?いってみましょうか、"S.T.F."」
  S.T.F.

 演奏はびしっ!と決めるべきところはちゃんと決まって、心地よいー

石川「決まりましたね。
 では続いて、この勢いでいっちゃおうと思います。"Mystery from Greenman"、どうなってしまうか。」
  Mystery from Greenman

 大変なテンションのGreenman、ソロも盛りだくさんで長いのに、演奏が「ぎゅっ」と凝縮されているせいか短く感じられます。

石川「ついに最後の曲になってしまいました。」
 客席は凄い勢いの「えぇ~~~!!??」。
 わたしは普段、あんまり声で「えぇー?」はやらないんですが(笑)、この日は一緒になって「えぇ~~!!?」と叫んでしまった。もっともっと聴いていたい。
石川「でも、いつかは最後が来るんです。
 盛り上がっていきましょう、"Tempest"」
  Tempest

 ドラマティックな"Tempest"、曲ももともといいんですが、この日の演奏がまたカッコいいは気持ちいいは、心に芽生えてくる感情が、身体中を駆け巡って溢れ出すような心地にさせられる音の世界です。曲の最後には拍手もできないほど、魂が、身体中の力が抜けてしまうような"Tempest"。凄い、素晴らしいですRX。

石川「ありがとう!RXでした、おやすみなさいー!」
 ステージを去っていくメンバー、湯澤さんはスティックをブレンダさんのNagoya boy friendに手渡し。
 こんなに盛り上がってしまってはおやすみなどと寝てられません(笑)。とても休めないよ!

-encore-
 客席の熱烈アンコールでメンバーが再登場。
 名古屋の「ボーイフレンド」に声をかけようと客席を見たブレンダさん、彼が湯澤さんのスティックを持っているのを発見し、
B「Drum Sticks? スゴーイ!」
石川「もう将来はミュージシャンだね。」

B「Raiden, sexy.」
 それぞれのメンバーがどんなふうにセクシーか、各メンバーのところへ行って説明するブレンダさん。Sexyでしょ?と客席に問いかけたら、Yeah-、と応えた中に男性の声が。
B「You! Man?コワーイ!!」
 笑いながら、
B「They are Sexys!!」
 そして次の曲紹介をするブレンダさん。
B「The next song, is, in ah-, RX's 1st CD…1st?」
 と石川さんに確認。曲は、
  BAD AGAIN

 やっぱりRXのステージでは、ブレンダさん流のBAD AGAINのほうがしっくり来る。大阪じゃRXじゃなくなってたからな…

B「Are you ready LOVE FLIGHT?」
  Love Flight

 そして終盤に向かって突き進んで行く!客席は踊ったり、拳を挙げたり。
 いつもの「× time(s)!」では、1回、2回、5回、そして珍しくも7回なんてのも。
B「How many people have RX new CD?
 イマ!Go out!  One time!!」
 ここで1回勝田さんが一発吹いてなかったですが(笑)、あとは完璧。
 ブレンダさんのカウントから曲に戻ったところで、saxとキーボードがユニゾンでいつもと違うフレーズのキメ。これが気持ち良く決まってカッコ良すぎる!
 ベースソロでは、石川さんはフロアに降りる!会場の端から奥へ…行こうとしたら、お客さんがぎゅうぎゅうで人に阻まれて突入できなかったようです。
 曲のラストもいつもより長くなってしまって、ブレンダさんが湯澤さんとアイコンタクトをとると、にぎにぎしいオカズが入って締めとなりました。

石川「勝田一樹!福原将宜!Brenda Vaughn!
 ありがとう!」

 紹介された3人が帰って行くと、石川さんがベースを取り替える。
 これで終了かと思った客席からは「おぉお!?」という声が漏れ聞こえます。

石川「では本当の最後に、"Tangelin"。今日は本当にありがとうございました!」
  Tangelin

 温もりのある、心地よい音が広がり、ここまでヒートアップしてきた心が少し和んでほんわかするようなラストになりました。

 終了後の握手会、2連荘をこなしたメンバーの肌はお疲れのご様子でしたが、表情や頭上の空気が晴れやかなように感じられました。
 いい夜でした。
 わたしも脳みそ溶けてしまって、帰途、あらぬ方向に突き進んでいるのにしばらく気付かず、もと来た道を引き返す羽目に。幸せだからいいのだ!
 でもとばっちり喰らって一緒に延々歩かせた友人達には申し訳なかったです(笑)。



venue
 名古屋Electric Lady Land
member
 雷電湯澤(drs)、石川俊介(b)、松崎雄一(key)、福原将宜(g)、勝田一樹(sax)、Brenda Vaughn(vo)
Set List
 1. Film Noir
 2. CHEMICAL REACTION
 3. NEVER SAY NEVER
 4. !HAヨY
 5. ALBATROSS
 6. ARCADIA
 7. Close to Me
 8. Riding Higher
 9. S.T.F.
 10. Mystery from Greenman
 11. Tempest
 (en.)12. BAD AGAIN
 (en.)13. Love Flight
 (en.)14. Tangelin

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。