スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002/8/11(Sun.) GINZA Yamano "Kiss of Life"発売記念RXスペシャルトークイベント(1回目)

 銀座山野楽器本店7F Jam Spot
 RX: 雷電湯澤、石川俊介、松崎雄一 司会進行:高杉"Jay"二郎




 山野楽器銀座本店の7FイベントスペースJam SpotにおけるRXトークイベントに行ってきました。
 入場は当日配布の整理番号順になるということでしたので、「椅子が欲しい」とばかり、並んで整理券をいただきました。ちょうど10:00ごろは山野楽器の入口近辺が朝日を浴びる時間帯で、並んでるほうも陽射しが厳しかったけれど、店頭で引き換える店員さん、店頭イベントをしている店員さんもかなり暑チチそうでした。我々はここに佇むのは今日だけだけれども、お店側はイベント開催時、夏の間は毎回こうなんでしょうね…お疲れ様です。
 RXトークイベント1回目が行われる'Jam Spot'という会場には初めて行ったのですが、座席が100くらい用意してあったでしょうか、それでも若干の立ち見がでてました。
 壁にはRXのA2サイズポスターが何枚も貼ってあって、「あれ、欲しいなぁ」「これだけあるんだから、イベント終わったら一枚くらいはがして貰って行きたい(笑)」などと連れと冗談めかして(ただし半分本気)話しつつ開始を待っていたところ、10分前の12:50ごろに、お店の方から注意事項・進行の説明がありました。

店「本日は当店、山野楽器銀座本店・RX『Kiss of Life』発売記念スペシャルトークイベントにご来場いただき、まことにありがとうございます。
 開始に先立ちまして、注意事項のご説明をさせていただきます。
 チケットの裏にございますとおり、本日は録音・ビデオ録画・写真撮影は禁止とさせていただきますが、特別にメンバーの意向がありまして、特別に写真撮影のみOKとなりました。」
 「撮影OK」という言葉が発せられた途端、「ええーっ」という声があがる客席。OKなんだったらカメラを用意してきたのに!という「ええー」をものともせずに、説明を続ける店員さん。
店「ただし、進行には支障が生じない程度に、ということでご協力お願いいたします。
 あと10分ほどで開始となりますが、本日は終了後に握手会があります。握手会の際、今日お配りした"整理券"が必要になります。皆さんまだお持ちですね?これがないと握手できませんので、失くさないようお願いします。会場内の立ち見の人が最初で、そのあと、座席の後ろのほうの方から順にご案内しますので、スタッフの指示に従ってください。
 こちら側(下手)から握手をしていって、あちらの出口から出ていただきますが、出口でポスターとサイン色紙をお渡しします。」
 客、「おぉーーー」という感嘆の声。ポスターって壁に張ってあるやつかな?ともあれ山野さん太っ腹!
店「それでは開始まで、もうしばらくお待ちください」
 待つこと10分、ほぼ定刻に会場脇の扉が開き、現れたのはRXではなくて『魔人 de SHOW!』でおなじみの高杉"Jay"二郎さんでした。
高杉「お待たせいたしました、今日はRX"Kiss of Life"発売記念スペシャルトークイベントということで、わたくし本日の進行役を務めます、高杉"Jay"二郎と申します。よろしくお願いします。
 わたしは『魔人de SHOW!』のナビゲーターをつとめているんですけれども、皆さん『魔人de SHOW!』ご覧いただけてますか?観ていない、って方、いませんよね。」
 …いや。わたしは「観られない」ッスけどね…そういう人はこの場にいるような気がします(汗)
高杉「この後RXの皆さんに出てきていただいてアルバム"Kiss of Life"についてのお話を聞けると思いますが、メンバーから、『お客さんからアルバムについての感想を聞いてみたり、質問も受けてみたい!』という意見がありました。皆さんも、アルバムを聞いて『こんなことを聞いてみたい!』ということがあるかと思いますので、是非質問してください。ただし、アルバムのことだけです。音楽のこと限定で、プライベートはダメです(笑)。このあとご協力をお願いしますので、考えておいてください。
 さて、今年2月2日の新宿Liquid Roomのライブには残念ながら行けなかった、という方いますか~?(挙手を求める)結構いますね。そんな方々のために!1曲なんですけれどもビデオを上映します。ご覧ください。」

 会場内が暗転し、高杉さんがステージを降りると、スクリーンに映像が映し出されます。曲は"Riding Higher"。
 RXの演奏を久々に観たためか、とても新鮮に感じられます。この日のライブは当時、面白かったものの、わたしの中ではも一つ突き抜けた印象が(正直)なかったんですが、今こうして見ると、タイトでかっこいい演奏でした。わたしもまだまだだ←何が。
 レコーディング前の記録映像は、アルバムバージョンになったら大きく変わっていた!という印象ではありませんでしたが、「あぁ、あの日はこうだったよね」とほのぼの思うとともに、改めて興味深かったです。

高杉「2月2日のLiquid Roomより、"Riding Higher"でした。
 それでは、RXの皆さんに登場していただきます。拍手でお迎えください。」
 会場前方の扉が開くと、湯澤さん・松崎さん・石川さんの順に登場。
 先陣きって湯澤さんが現れた瞬間、いつも以上に女性客から黄色い歓声が。
 いつもラフな恰好(HRのぶかぶかTシャツまたは上半身裸+Kappaの短パンとか)の湯澤さんには珍しく、身体にぴったりフィットした黒いTシャツに黒いスリムパンツ。髪型もちょっと逆立てて、黄色いカラーグラスというオッシャレーな姿での登場でした。ただでさえスリムな上、身体の筋肉のラインが美しいので、こういうぴったりした服は着こなし甲斐がありますねー。…負けられない。(←筆者は何に闘志を燃やしているんだか)
 本当に「妙にカッコいいじゃないですか!?」という状態で、わたしなぞ超失礼なことに「どうした!スタイリストさんがついたか!?」まで思いましたが、『魔人de SHOW!』と思しきカメラは入っていたので、実際スタイリストさんの業なのかも?(ここまで書いてて違ってたら、伏して謝らねば(笑)。)
 松崎さんと石川さんもちょっと痩せたような…湯澤さんのインパクトがありすぎて、服装の描写がきちんとできるほどに覚えていないのですが、ステージ上でもいつも服装が自然体なRX、今日はスタイリッシュ度アップで素敵です。
 日頃わたしは、見た目と音楽は関係ないし、と、「あんまり」見た目にこだわらない方ですが、こう恰好よくなられると素直に嬉しいです。(見た目の印象が良い=初めて見る人に第一印象で悪い印象を与えない=うまく音楽の良さを引き立てるので(笑))

 ステージ上に、上手から順に湯澤さん、松崎さん、石川さん、高杉さんという配置で腰掛けます。
高杉「RXの皆さんです!」
 ライトと客席からの拍手を浴びた湯澤さんは、客席に手を振るも「見えにくいや」と、あっという間にグラスを外してしまいました。登場時限定グッズだったんかい?

高杉「今、新宿Liquid Roomの映像をご覧いただいていたんですけれども、観られなかった方達も何人かいらしたんで。」
石川「僕達も観たかったんですけどね。観られなかったんで。」
湯澤「入口の所で音だけ聴こえて『いいなーチキショー』ってね。
 でも、マトモな演奏してたよね。初演でレコーディング前だって言うのに。もっとヘロヘロかと思ってた(笑)。」

高杉「今回、RX初のトークイベントということで。僕はこれまで『魔人 de SHOW!』とかでお話を聞いたりしているので意外な気がするんですけど。」
石川「初めてですねー。楽器もないのに客の前に座ってるっていうのが不思議な感じですね。どうしようって感じですね。」
高杉「そんな、僕に助けを求めるような目をされても!
 やっぱり違うもんですか?」
石川「ライブではMCしてますけど、楽器があるので、コケたらそのまま曲行っちゃえばいいや、っていうのがありますからね。今日はそういう訳には行きませんからね。逃げられない。」
湯澤「俺を守ってくれる城(=ドラムセット)がない!」
松崎「いつもはわたしも要塞に囲まれてますからね。落ち着かないですね。」
高杉「松崎さんが落ち着かないのは座り位置が真ん中だからと言う説も?」
松崎「そうですね。」
湯澤「やっぱりリーダーだから。」
松崎「リーダーは誰なんですか?」
高杉「毎回『魔人 de SHOW!』でもその話が繰り返されてるじゃないですか!」
湯澤「町内会の持ち回り当番みたいに腕章作って、着けてる人がリーダー。」
石川「次のツアーはブレンダさんにしとこう。」
 客席爆笑。
湯澤「腕章に漢字で書いちゃえばわかんないから。
 Japanese Fashion!とか言って着けさせちゃう。
 こういう小ネタは大事にしないと。」

高杉「アルバムの中で、自分としてはこの楽曲のこういうところがオススメ!というのがありましたら、お一人ずつ挙げていただけますか?じゃぁまず、湯澤さんから。」
R「"CORAL"とか好きですね。松っつあんの曲がもともといいんだけど、こうブリティッシュロック色が。非常に好みですね。」
松崎「湯沢さんの好みなように作りましたから。」
湯澤「何言ってるんですか。
 ま、前回の『Elements』に入ってる"Endless Spiral"のグレードアップ版というか、こういう曲は好きですわ。」
高杉「2曲目ですね。…松崎さんは。」
松崎「そうですね、その後の"Riding Higher"は勢いがあって好きですね。聴いていてこう、元気になるような、という。」
高杉「なるほど。石川さんは。」
石川「最後から2曲目に入ってる"SALAH"ですね。
 こういう曲はRXでこれまでなかったんで。雰囲気と言うか。自然な感じでそれぞれのプレイヤーが演奏しているところが。」

高杉「今回のアルバムは、色んな楽しみ方ができますよね。さきほどみたいに、元気がないときに"Riding Higher"を聞いてみる、とか、いろんな聞き方ができる。
 僕は"Never say Never"が好きなんですよ。
 この曲は特に男性に一人で聴いてもらいたい。海岸沿いを夜中に一人でドライブしながら、自分を見つめ直す、みたいな。」
湯澤「無茶苦茶暗い方向に行っちゃいそうだけど。
 一人でしょ?車で、海辺。ヤバいって!」
石川「曲間違えて"Mjollnir"とか聴いちゃったら」
湯澤「そのままハンドルきって‘ポチャーン’って。
 でも"Never say Never"は、非常に楽曲として良く録れてる。サウンドのセンスは今回のアルバムの中で一番だと思うんで、なるべく夜とかに大音量で、でも近所迷惑にならない程度に、聴いてもらいたいね。」
高杉「だから海岸沿いなんですよ!人家がないから!
 夜中の海岸沿いでドライブしながらなら、自分の世界に浸れるし、大音量でも大丈夫じゃないですか。」
湯澤「海辺で暴走族が皆"Never say Never"かけながら走ってたら怖いよね。」
高杉「それで旗印に"RX"って入ってて(笑)。」
 一同爆笑。

松崎「…"Never say Never"ってどういう意味なんですか?」
湯澤「どういう意味ですか?」
 湯澤さんが松崎さんの顔を見ると、松崎さんは石川さんに「?」と振り返り、石川さんは高杉さんに「?」と振り返る。
 そんな、こっちを見られても!?と後ろを振り返る高杉さん。
高杉「わたしを見られても!」
湯澤「ブレンダさんに今度のライブで説明してもらおう。」
石川「でも英語だから誰にも分からない(笑)。」

高杉「今回の『Kiss of Life』、そういう意味では楽曲の名前一つ取っても色んな解釈ができますよね。
 音楽にしても、プログレっぽかったりロックっぽかったりフュージョンっぽかったり、凄くバラエティに富んでいるじゃないですか。
 それでなおかつバンドっぽい一体感もあるという。
 その辺は、今回ツアーのサポートメンバーで固めてみたというのも影響してるんでしょうか?」
湯澤「そうだね、去年のRXの凱旋ツアーでサポートをしてくれたブレンダさん、福原くん、勝田くん、岩佐さんに参加してもらって、いい意味で遠慮がなくなってきたところがある。
 『ここはこういう音でどうだろう』みたいな提案が福原くんや勝田くんの方からあったりして、セッションっぽいというより、バンドっぽくなったかな。」
石川「そうなんだよ。」
高杉「そうなんだよーって、まるで説得されてしまっているかのようですが。
 わたしの方じゃなくて、客席に向かって言ってください!」

高杉「今回のアルバムは、レコーディング前に新宿Liquid Roomでお披露目があったということで、この‘レコーディング前にお客さんの前で演奏する’というのは、どういう効果があったんでしょうか?」
石川「なんでなんでしょうねー?(笑)
 でもお陰さまで、レコーディング自体は凄くスムーズでしたよ今回。
 それにライブでも、やっぱり知ってる曲ばっかりじゃなくて、知らない曲を入れ込むことで、お客さんが『うわぁー、新曲だー!』と盛り上がりますよね。それで反応を見て『ウケがいいようだ、しめしめ』と思うと。
 それから、その後にお馴染みの曲を演ると、『知ってる曲だ!』といって盛り上がると。」

高杉「聞いた話によると、レコーディングのときには『電車があるうちに帰ろう』というのがあったということですが。」
石川「やってたよ。」
高杉「普通こういうレコーディングというのは、29:00とか、ありえない時間に終わったりしますけどね。」
石川「それどころか始まる時間もあり得ない時間だったりするからね。聖飢魔IIの時代はそうだったんだけど。」
高杉「今は違うんですか?」
湯澤「だって、松っつあんはともかく、俺も石川も免許持ってないんだもん。
 世の中の電車が毎日24時間走るようになればできるよ?」
石川「毎日大晦日だったらいいんだ。」
 客席大爆笑。

高杉「レコーディングでここは苦労した!というようなことってありますか?」
湯澤「うーん、今回に限らずいつものことなんだけど、自分の曲ってドラムつけづらいんだよねー。」
松崎「僕がまた、無理な注文を出すんですよ。‘あり得ないドラムを叩いてください’というのとか。」
湯澤「松っつあんから夜中にメールがにょろーっと届いて。『この曲はありえないたたき方をしてください』
 …どんなんや!」
高杉「しかもなんでメール」
湯澤「いや、レコーディングに入る前ですから。
 アレンジの段階ではメールで相談をするんですよ。メル友って訳じゃないですよ!」
石川「自分の曲に自分のパートつけるのって難しいですよ。」
湯澤「自分のパートを元に作りはじめることより、メロを中心に作っちゃうとどうでもよくなっちゃうというか、この曲は別の奴に叩かせてやろうくらい思うことがあるよね。」
松崎「でもちゃんと叩いてくださいましたよね。
 湯澤さん的に‘あり得ないんだけどできる’という解釈のドラムを。」

高杉「9月にライブがありますよね。もう1ヶ月きりましたけど準備のほどは。」
湯澤「いや、まだ1ヶ月あるから…」
高杉「あ、もう1ヶ月じゃなくて‘まだ1ヶ月’。」
石川「まだ1週間あるからいいや、まだ明日があるからいいや、って言って絶対終わらないんだよね。
 リハーサルは1週間前くらいから始めるんだっけ?」
湯澤「色々と皆直前まで忙しいんだよね。」
石川「1週間前からリハ始めても、前日リハがあるからいいやー。
 前日リハでは本番前のリハがあるからいいやー。といって、寝ちゃうんですね(笑)。」
高杉「夏休みの子供の宿題じゃないんですから。」
湯澤「テストの前日に『もう明日の朝早起きして勉強しよう!』と言って寝ちゃって、絶対失敗するパターンだよね。
 学生の時毎回やってた。寝るの好きなんだよ。睡眠が大好きなんで。
 でもこういう音楽って、あんまり練習し過ぎても却って煮詰まっちゃって、本番でヘボヘボになったりするから良くないんだよ。」
石川「本番までに疲れちゃうんだよね。」
高杉「本番へ向かってのテンションの作り方が難しいと。」
湯澤「比べるものは過去の自分しかない訳だから、あんまり深く考えない方がいいのよ。」

 ライブの日程の告知があり、客席からの質問を求められましたが、当日開始時にいきなり振られたために、我に返って一生懸命考え込んでしまうやら、カメラに映り込むことを避けたい気持ちもあるやらで(?)お客さんはみんな静かになってしまったのでした。

高杉「では最後に一言ずつ」
石川「あっという間でしたけど、ライブに向かって頑張りますので、またライブでお会いできるのを楽しみにしています。」
松崎「皆さん今日はお越しいただきましてありがとうございました。
 やはりライブあってのRXということで、ライブを楽しみにしていてください。」
湯澤「いいよー今度のライブはきっと。楽しいよー?乞う御期待!」

 こうして一旦RXはステージを降り、ステージ上では握手会の準備に入ります。
 高杉さんの説明とスタッフの誘導に従って、再登場したRXと順次握手を済ませ、お客さんはお土産のサイン色紙とポスターをいただいて終了。
 会場を出てから確認したところ、ポスターは会場の壁に張ってあったものでした。
 裏に歌詞と熊谷さんの解説が載っているもの(CDのブックレットと同じ内容)。販売促進用のグッズかな。これはかなり嬉しい。
 1回でもかなり満足度の高い、盛り沢山でありがたーいイベントでした。2回目がどうなることやら楽しみにしつつ、会場を後にし、友人達のサイン色紙と、マジックの色の濃さやサインの崩れ具合を見比べて楽しんだのでした(笑)。

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。