スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001/3/30(Fri.) John Wetton Plus Guests

 John Wetton氏のコンサート、UKツアーの最終日の会場は地下鉄Tottenham Court Road駅からすぐのところにある「mean fiddler」。去年までは「London Astria2(LA2)」という名称だったところで、外観が改装・名称変更したらしい。UKのチケットサイトをあちこち見て回っていた時にキャパが1000、と紹介してる所がありましたが、そんなには入らないんじゃないかなあ…?狭くはなかったですけど。
uk_venue1 uk_venue2
 ちなみに「mean fiddler」の数10m南に「London Astria」というライブハウスもあって、こちらは元LA2(=mean fiddler)より大きいらしい。これらは同じ系列の店らしく、Official WPはひとまとめ(meanfiddler.com)。ロンドンの会場情報を探していた時、このWPを参照したら「mean fiddler」というライブハウスのマップがHarlesden(ロンドン中心から相当はずれた場所)になっていて混乱しました。もともとHarlesdenに「Mean Fiddler」というライブハウスがあったのに、LA2を「mean fiddler」に名称変更したんですね。渡英直前にもう一度確認したマップではHarlesdenの方「OLD Fiddler」という表記に直りましたが、WP上の情報はもっと早く直してくれ!
 uk_venue3
 ともあれ、わたしはドアオープン時刻の19:00を少し過ぎたところで会場に着きました。入り口の右手がちょっとした路地で、そこに入場待ちの列が出来ていたので、列の最後に就き、順に入り口へ。
 間口は狭く(イメージとしては六本木PIT INNあたり。)、入り口でチケットを切ってもらってカメラチェックを受けます。階段を降りたところはクロークカウンターになっていて、荷物を預けることが出来るようでした。
 その奥に進むと会場内の2階席。左サイドにはバーゾーンがあって、ソファに座ってくつろぐこともできます。ここからステージを見下ろせますが、ガラス張りになっている分音量はマスクされるので、お酒片手にステージを眺めながらおしゃべりも、といったスペースでしょうか。
 同じ2階席でも右サイドはガラスがないのでダイレクトに音が聴こえます。(この日は関係者席だったのか、紐が張られていて立ち入りできませんでした)
 更に階段を降りると1階席。ステージの正面の部分の床が10cmあまり高くなってます。なんでだ?普通遠いところの方を高くするだろうに(笑)。1階の左右にはBox Seatも6つか8つくらいあって、そこでは1BOXあたり8人くらい、ソファーでまったりしながらステージを楽しめます。ただし、ステージの両側には非常に立派なスピーカーがあるので、Box Seatの中からは多分ステージ半分くらいしか見えないのではないかと。ステージは見えなくても音をゆっくり楽しみながら酒を飲みたい人向けの場所かもしれません。1階の一番奥はバーカウンターになっていました。
 ロンドンの人々は割とゆっくりしているのか、まだ1階席ステージ前の人はまばら。陣取ろうと思えば2列目くらいに行けたのですが、少し後ろの方から会場全体を見ていたいな、と思って1階右端後ろの方のBox Seatの前に立つことにしました。

 正式なスタート時間20:00にはかなり間があったので、ちょっとはばかりへ(笑)。おいおいおい流れないよ!これが噂のロンドンのトイレか!!(笑・六本木PIT INN風とも言う)ともたついていたら、なんだか音が聴こえてくる。客席に戻ると、ステージ上には既に、オープニングアクトを務めるらしいお兄さんが一人登場していました。John Wettonのカヴァーで始まって、シーケンサーを駆使してプログレっぽい曲を5、6曲披露。なかなか良い感じ。彼の名前なんかは聞き損なってしまったんだけれど。
 聴いてて思ったんですが、デカいスピーカーのお陰か、このハコは音がいいですね!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。